スマホやパソコンの触り過ぎで腱鞘炎?!新宿で整骨院へ行ってみよう

現代では手放しきれない、スマホやパソコンを使う生活。しかし、触り過ぎると腱鞘炎になる事例も増えてきているようです!現代病にもなりうる腱鞘炎、あなたはどう対処しますか?日常的に使う手を痛めてしまっては、生活にも支障をきたしてしまいます。腱鞘炎になる前の予防や、なってしまった時の治療をどうしていくか、考えてみてはいかがでしょう。

腱鞘炎には手の休みや施術をマメに

最近、手や指が動かしにくいと感じている方はいませんか?それ、もしかすると腱鞘炎になりかけているかもしれません。長時間同じ部位を繰り返し使っていると、痛みが出てくる腱鞘炎。ピアニストや作家などの手を頻繁に使う職業にも多いと言われていますが、近縁では、スマホの普及により、若者がその症状に悩まされているケースも多いようです。一度なってしまうと慢性化や治りにくく、ひどい場合は医師のからの治療も必要になってくるのです。そうならないためにも。手や指の違和感や時々痛み出す症状など、初期の段階での処置が必要になってきます。

第一に必要なのは、手の同じ部位を長時間繰り返し使わないようにすることです。時々手を休め、手を交互に使うようにしたり、指や手首を曲げたり伸ばしたり、ストレッチをする要領で予防をしていくことが好ましいです。また。ちょっと怪しいなと感じたら、熱を持った部分を冷やすように心がけるといいでしょう。それでも、違和感を感じるようなら整骨院などで見てもらうことをおススメします。その症状に合ったアイシングや電気治療、マッサージなどを行い、手や腕だけでなく、姿勢の悪さからくる痛みなどの可能性も含め、しっかり体を見てもらいましょう。

整骨院はオススメ

新宿には評判の良い整骨院がいくつかあります。病院受診も大事ですが、初期段階の痛みであれば、まずは整骨院へ行くことをおススメします。自己のマッサージもいいですが、間違ったやり方で痛めてしまうこともあるので、十分注意しておこないましょう。