不健康なら本末転倒 ビジネスマンが健康でいるための重要性

いくら仕事ができているとしても、不健康であっては意味がありません。健康状態が悪化したために、会社を休んでしまっては、仕事ができる以前にビジネスマンとしてダメなことでしょう。
また、会社を休んでしまうと、同僚に心配されるのはもちろんのこと、上司などに迷惑をかけてしまうことになります。やはり、仕事ができる人である以上に、会社を休まない人になることの方が重要なのではないでしょうか。

仕事ができることはもちろん重要

仕事ができるということは、かっこいいビジネスマンであるための、重要条件です。素晴らしいオーダースーツをまとっていても、仕事ができなければ、かっこいいビジネスマンとは言えないでしょう。
仕事ができるのと同時に、健康管理ができるという点も、ビジネスマンにとっては大変重要です。人並み以上に仕事ができる人間だとしても、健康管理ができていなければ、ビジネスマンとしての説得力はなくなります。

野球選手であるイチローが一流選手と呼ばれるのは、野球が上手いということと同時に、いつでも試合に出られる状態であるという点にもあります。
ビジネスマンも同じで、やはり仕事ができると同時に、会社を休まないという点が重要になってきます。

不健康では本末転倒

とは言っても、仕事を休むことを考えている人は少ないと思います。今の会社に内定が決まったときのことを思い出してください。やる気に満ち溢れており、健康状態が悪化して仕事を休むようなことは考えなかったでしょう。今も同じ気持ちでいられればいいのですが。

つまり、健康状態が悪化して仕事を休むと言う状況は、仕方なく陥ってしまった状況であると言うことです。
「健康管理さえしっかりしていれば」という状況になってしまった方も多いのではないでしょうか。普段、もう少しだけ健康に気を使っていれば、会社を休まなくて済んだという場面も多いと思います。

会社を休まないためには、普段から気を使うことということが大切です。また、パソコンをよく使う方は、腱鞘炎にかからないようにしなければいけません。腱鞘炎が悪化してしまうと、手術を行ったり、入院しなければいけない状況にもなりえます。
軽度の腱鞘炎であれば、マッサージを受けるなどすれば、解消することができますよ。腱鞘炎にかからないようにすることも、ビジネスマンとしては大切なことなのではないでしょうか。