育児で腱鞘炎に?新宿の整体でマッサージ!心も体もリラックス

女性に多い腱鞘炎ですが、育児中に発症してしまうケースも少なくありません。腱鞘炎に影響していると言われているプロゲステロンの減少が腱鞘炎に関わっていると言われていますが、それに加え、授乳やオムツ替え、お風呂に抱っこなど、一日中手や腕を休める時間がないのも影響しているのです。でも痛いからと言って、育児を放棄するわけにもいきません。なによりもわが子のお世話をできないのは、ママにとっても苦しいものです。

腱鞘炎はスマホも原因?

経産婦よりも初産婦の方が腱鞘炎になりやすいと言われていますが、その原因として赤ちゃんの抱き方が大きく影響しているそうです。初めての育児で無意識のうちに体のあちこちに力が入ってしまったり、最近ではスマホを触りながら片手で抱っこする人も増え、そういった偏った抱き方が更に腕や手に負担をかけているのです。そこから痛みが出始め、安静にできないまま重傷化するケースも増えています。

新宿には、ママに優しい整体があります。毎日家事に育児に頑張っているママだからこそ、自分の体を労わってほしい!でも、「マッサージに行くって言っても預ける人いないし、連れて行っても泣いてしまったら・・・」と色々不安に思って踏み出せないママのために、完全予約制で赤ちゃんと一緒に行くことがきる整体をおススメします。腱鞘炎だけでなく、日頃の疲れを取ってもらってはいかがでしょうか。

無理せずきちんと治すこと

産後のママは、自分が思っている以上に体がボロボロなもの。「動けるから動いてしまえ」ではなく、しっかり周りに協力を求めるのもママとしての役目だと思ってください。思うようにいかないのが子育て。それでも頑張ってしまうのが多くのママたちです。ママが元気でないと子ども悲しくなっちゃいます。また、痛みや疲れが溜まってしまうと、子どもたちにもそのイライラを当たってしまうことだって出てくるでしょう。一人で背負わず、誰かに話してみませんか?頑張り過ぎず、心も体も労わってあげましょう。