女性は注意!ホルモンバランスによる腱鞘炎は新宿でマッサージ

腱鞘炎と言うと、手や指の使い過ぎのイメージがありますが、実は女性にとても多く、女性ホルモンが大きく影響していることが明らかになってきているとの情報も。
腱鞘炎は名前の通り、腱が炎症を起こすことで痛みが出る症状で、指や肘、親指の付け根などに多く現れ、指の症状に関しては、女性が約80%も占めています。

女性が腱鞘炎になりやすい理由

では、なぜ腱鞘炎は女性に多いのでしょうか。それは、エストロゲンの変化が大きく関わっているのではないかという情報も。女性には、妊娠中や出産後、更年期などの時期にエストロゲンが減り、様々な器管に影響がでます。それは腱にも影響し、ホルモンのバランスが不安定な時に過度に使い過ぎた手に、腱鞘炎の症状として出てくると考えられているそうです。痛みが出てきたら、頑張り過ぎずに少し休むようにしていきましょう。

一度重傷化してしまうと、なかなか治りにくいと言われている腱鞘炎ですが、女性がなった場合、女性ホルモンを整えることで、自然治癒力が発揮され効果的な治療に繋がるそうです。新宿にある施術所などでは、そういった事も踏まえ、女性ホルモンを整えるツボや腱鞘炎に効果的なツボなどを中心に鍼灸を取り入れたり、マッサージを行うところも増えてきています。女性にしか分からない苦しさや辛さを共感しながら、よりいい方向へ心も体も元気になれるような治療を進めていけるでしょう。

一人で抱え込まず通院を

仕事に家事、育児。その上ホルモンのバランスの崩れで体のあちこちにダメージが出てきてしまう女性ならではの悩みを、一人で抱え込まずに一度整骨院や鍼灸院などへ出向いてみてはいかがでしょうか。最近は女性専門の施術所も出てきていて、雰囲気も良く入りやすくなっているところも増えてきているので、気軽に通うことができるでしょう。無理はせず、自分の体の変化と向き合いながら、より良い体作りをしていきませんか?つらい腱鞘炎の痛みから少しでも離れられるように新宿の施術所でマッサージや鍼灸などを試してみてはいかがですか?