マッサージで腱鞘炎が治る?渋谷のマッサージサロン活用法

指先を動かす役目を司る腱。そしてその腱を受け止める鞘の役目の腱鞘。腱は、腱鞘の中を通って動き、自然な動きとして指を曲げ伸ばししていますが、一旦その腱に炎症が起きてしまうと、腱鞘と擦れることで痛みが発します。

突発的になるものではない

もちろん腱鞘炎も突然やってくるわけではなく、まず最初に自覚症状が現れます。

・手指が思うように上手く動かすことが出来ない。
・痛みは感じないが、手を動かすと何となく手がだるい。
・同じく痛みはないが、手首などに腫れが見られる。

またもう少し腱鞘炎が進行すると

・具体的にどこかは分からないが時々痛みを感じる。
・一瞬痛みを感じるが、すぐに消えてしまう。
・パソコン作業など指や手を使うと普段は感じない不快感を感じる

こういった症状が出始めると、腱に異常が出始めていて、炎症を越す一歩手前です。
これらのサインを感じたら、先ずは手を休めることです。そうして出来る限り同じ動作や仕事を連続して繰り返さない配慮が必要です。

マッサージによって予防ができる

またマッサージサロンなどで、指や手首、腕などのマッサージを受けるのも効果的な予防になります。但し、実際に腱鞘を発症してしまっていると、マッサージで手や指を動かすことで痛みが増し、より症状を悪化させてしまうこともあります。あくまでマッサージは予防措置として利用すべきです。

渋谷などでも多く見られるマッサージサロンでは、より滑らかな手指の動きと、アロマオイルによる鎮痛効果などを狙って、各種アロマオイルを症状に合わせてブレンドなどをして施術してくれます。まだ触っても痛みを感じることはないが、何となく違和感を感じると思ったら、渋谷に出掛けたついでにマッサージサロンを利用してみるのがおすすめです。

決してマッサージで腱鞘炎が治療されるわけではありませんが、腱鞘炎を防止する予防効果や、初期の段階の違和感などは、アロマオイルの効果で痛みの緩和も図れます。またマッサージを受けている間は確実に指や手を休めてあげられるので、腱鞘炎の予防にもなります。

出来ればマッサージサロンで腱鞘炎予防のアドバイスなどももらって、普段の生活の中で予防をしていきたいものですね。